こんにちは、らいちです。

先日、リマカフェというマクロビオティックカフェで開催されていた、お料理教室の体験セミナーに行って来ました!
今回参加したこちらのセミナーは、何日間か行われる料理教室の体験版です。
体験版といえど、内容は濃かったので、シェアしたいと思います!

 

マクロビってなに?

「マクロビ」は「マクロビオティック」の略で、英語を組み合わせた造語です。
Macro:大きい
Bio:生命
Tic:方法
マクロビオティックとは、自然界の法則に調和した生活をすることによって、健康と幸せを得る生き方です。その理念は、人間の健康だけでなく、大きな視野(マクロ)から地球の健康も考えることにつながります。(日本CI協会テキストより)
日本語には当てはめにくいですが、日本語にすると「食養生法」に近いそうです。
マクロビは、玄米菜食を基本とした、できるだけ自然のもの(穀物、野菜、果物など)を摂取し、肉や魚、添加物などを摂らない食事法です。
重要な3つの概念があるのですが、それはまた別記事でご紹介します。
ところで、マクロビって英語だし海外から来たものだと思ってますか?
私も知らなかったのですが、実はマクロビの発祥は日本です
日本人の桜沢如一さんがマクロビを考案し、妻の桜沢里真さんが、それを料理に応用したそうです。
この人の名前が、「リマカフェ」の由来です。
里真さんは、死ぬ直前の100歳まで現役で活躍されてたそうですよ!
日本発祥のマクロビですが、海外の方が人気です。
桜沢さんがマクロビを考案したのは、戦後で、ちょうど欧米文化が入って来た頃です。
玄米などを推奨するマクロビは、日本では「今さら古い」とされ、受け入れられなかったそうです。
そのため、桜沢さんは海外を中心に活動をしていました。
それが今、ふたたび日本で注目され始めているのですね!

 

こんな内容でした

開催場所:リマカフェ内調理場
時間:1.5時間
ながれ:
マクロビオティックについての講義
食事の準備
食事
最初に、上に書いたようなマクロビオティックの意味や歴史を勉強します。
その後、料理教室で使用する食材の紹介をし、それを使った料理を準備していきます。
合わせ味噌をすりつぶし、溶かして、味噌汁を作ります。
他のメニューはすでにある程度準備されていて、ほとんど盛り付けするだけでした。
▼食べたメニュー
・味噌汁
・玄米ごはん
・玉ねぎ甘煮
・昆布ときのこの煮物
・たくあん

セミナーに参加して感じたこと

シンプルな材料のものを選ぼうと思った

マクロビの講義の中で、マクロビで使う調味料とスーパーでよく売られている調味料を比較する場面がありました。
マクロビで使う調味料の材料は、超シンプル
味噌であれば、大豆と塩だけ、など。
長時間かけて作るので、シンプルな材料だけで済むんです。
しかし、スーパーでよく売られているものは、短時間で大量生産されたものなので、いろんな添加物が含まれており、中には体に有害なものも含まれます
これからは、原材料をよくみてなるべくシンプルなものを選ぼうと思います。

噛むことの大切さを知った

食事の一口めに、「玄米を100回噛もう」というのをします。
1口100回も噛むってなかなかないですよね。
実際やってみると、口の中がどんどん甘くなり、本当に美味しくて感動ものでした
同時に、普段どれだけ噛んでないかということを体感できました。
100回噛んでみると、よく噛んで味わうことの大切さを実感できると思いますので、みなさんもぜひやってみてください!

セミナー特典が豪華すぎ

セミナー中に食事ができるだけでなく、豪華すぎるお土産があります。
▼お土産
・玄米2合
・晩茶
・リマカフェで使える5%割引券
・玄米の炊き方
これだけついて、参加費はなんとたった1000円です!!
これは参加して損はないと思います。
なぜこれだけ安いかというと、本コースへの勧誘も含めているからだと思いますが、セミナー後にとくにしつこい勧誘があるわけでもなく、案内の紙を渡されただけでした。
健康食に関する勉強ができ、健康なものが食べられて、健康な食料をゲットできますので、興味がある方はぜひ!
★らいちおすすめデトックスプログラム★
詳細はこちらをクリック

質問・相談など受付中!気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です